債務整理

債務整理後でもローンを組めた?実際のところ組めるのかをチェック!

債務整理後でもローンを組めた?実際のところ組めるのかをチェック!

債務整理を検討しているけれど、ローンが組めなくなるので手続きに踏み切れない…

そう考えている人もいるようです。

ですが、債務整理後でもローンを組めたケースはいくつかあります。

また債務整理をした場合、ずっと組めなくなるわけではなく一定期間後ならローンを組むことができたりします。

今回は債務整理とローンの関係について、シンプルに解説していきます。

「ローンが組めなくなるから…」と漠然とした理由で、借金の返済が辛いのに債務整理を敬遠し続ける必要はありません。

正しい知識をインプットして、自身の取れる選択肢を増やしておくことが大切です!

 

 

ローンが組めるかは債務整理の種類次第

まず大前提として、債務整理「直後」はローンを組むことは難しいです。

「ローンが組めた」なんて話も聞きますが、それは本人名義ではなく家族名義でローンを無事組むことができた、なんてニュアンスであることが多いですね。

※債務整理はあくまで名義人の債務を整理するので、家族の信用情報には関係ない部分だからです。

そして債務整理後、一定期間が経った後でいつ頃ならローンを組むことができるのか。

その辺りは債務整理の種類次第で異なってくるので、次の項目から詳しく解説していきたいと思います。

 

任意整理の場合

債務整理の中でも、比較的早い段階で「ローンを組めた」と報告が多いのが任意整理です。

個人再生や自己破産と比較すると、早い段階でローンを組めるようになることが多いのが任意整理ですね。

ただし手続きが完了し、和解契約書を締結した日から5年はローンを組むことが難しいです。

逆にそれ以降であれば信用情報もある程度は回復し、その時点での勤め先や収入次第ではスムーズにローンを組める可能性が高まります。

 

個人再生や自己破産の場合

次に個人再生や自己破産の場合。

先に挙げた任意整理時の信用情報と同じように、個人再生、自己破産の手続きが完了してから5年はローンを組むことが難しいです。

そして個人再生や自己破産の場合は、官報に10年間掲載されますので、5年~10年はローンを組むことが難しいと言われています。

ただし官報は、役人などが読む情報誌のようなものなので、一般の人は読む機会がありません。

今ではインターネット版官報でも見ることができるので、最新の官報の破産や免責に関わる項目をチェックしてみましょう。

機械的にサラッと掲載されているので、基本的には誰がどう掲載されているかなど目に止めないことがわかると思います。

ですが、それとは別に個人再生や自己破産の場合は、借り入れをしていた会社からの「(いわゆる)社内ブラック」になる確率が非常に高い。

以前借り入れをしていた債務整理をした会社、または系列・関連企業の場合は5年以上を過ぎた場合であっても、以前債務整理されたから信用情報がちょっと…と思われても仕方ないですよね。

そのような面も含めて考えると、任意整理よりも債務整理のほうがローンを組むことができるようになるまでの年月が長めと言われているのです。

 

要チェック
個人再生で自宅を手放さずに済む方法【住宅ローン特例の利用】

Contents1 自己破産すると自宅は差し押さえされる2 自宅を手放さずに済む個人再生2.1 個人 ...

続きを見る

要チェック
自己破産すると自宅はどうなるの?回避できる方法は?

Contents1 自己破産すると自宅は没収1.1 自宅を持っていると管財事件になる1.2 住宅ロー ...

続きを見る

 

信用事故情報があってもローンが組めるケースも

ちなみに信用事故情報があったとしてもローンが組めるケースも稀にあります。

稀なケース

  • 借入比率が低い(頭金を多めに用意した上でのローン)
  • 企業信用度が高い(大手企業に務めている場合)

こういったケースでは、自己情報の記載があってもローンの審査に通ることもあるようです。

また5年経過前でもある程度の期間が経過し、信用情報が高まっていればローンが組めたなんてケースもあります。

ただし、絶対ではありませんので場合によっては少し早めにローンを組める可能性もあるぐらいに考えておくのが良いでしょう。

 

債務整理後にローンがずっと組めないわけではない

今回は債務整理とローンの関係性についてシンプルに解説してきました。

任意整理、個人再生、自己破産のいずれの場合も、一定期間はローンを組むことは難しいが、それでも状況次第ではローンを組める可能性もある。

ただし、基本的には5年はローンを組むことが難しいと覚えておきましょう。

それでもローンをずっと組むことができなくなるわけではないので、「一生ローンを組めないのかな…」と不安になる必要はありません。

そもそもの話として、債務整理を検討している状態であれば、それ以上ローンを組んで債務を増やすべきではありません。

一定期間ローンを組めなくなるデメリットがあったとしても、思い切って債務整理を行い、その後の返済を楽にして再スタートを切ることをオススメしますよ。

また1社のみでの債務整理か、複数の債権者に対して債務整理をするかによって、どこまで信用情報に影響があるかが変わってくるもの。

その辺りも含め、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談してから債務整理を進めるのがベストと言えるでしょう。

 

要チェック
債務整理は弁護士へ依頼するべき?弁護士へ依頼するメリットとは

Contents1 自力で行う債務整理1.1 自力は可能か1.2 あくまでも交渉2 弁護士への依頼と ...

続きを見る

 

25年以上の実績で借金問題解決!ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

名村法律事務所

名村法律事務所では相談料無料で債務整理の手続きを進めていけます。

25年以上の実績があり、地方案件でも柔軟に対応して借金を完済するまで親身になってサポートをする事務所です。

それぞれ個人の金銭状況に合わせて柔軟に対応をしているため、不安がある方でもまずは無料相談に気軽に申し込めます。

不安から安心・解決へ!シン・イストワール法律事務所

【債務整理】シン・イストワール法律事務所

イストワール法律事務所は、多重債務でお困りの方、借金を整理してやり直すお手伝いをします。
『失敗』しない債務整理しませんか?
借金問題は誰に相談しても、どこに依頼しても、同じ結果とは限りません。
経験豊富な私たちにご相談下さい。

債務整理をメインに行っている東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、自己破産個人再生任意整理を得意としていて専門の腕利き弁護士に依頼ができ、土日祝日相談可能、全国無料出張相談可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

元リーマンおじさん

転職を21回も繰り返した元サラリーマンブロガー。 勢いで起業するも資金繰りに失敗し数千万円の借金を抱え倒産撤退…。 自己破産・離婚・うつ病・自殺未遂のどん底人生から、わずか3年で大逆転した方法をお伝えします。 借金で人生諦めなくても大丈夫です! 【ブログ2サイト運営/ブログのみの月収は82万円】 【株式会社2社経営】

-債務整理
-,

© 2021 借金で人生諦める前に|日本で一番分かりやすい債務整理情報サイト