債務整理

債務整理をしたらパソコン(PC)はどうなる?処分されるのか?

債務整理をしたらパソコン(PC)はどうなる?処分されるのか?

借金が返済しきれず、一度整理してやり直すための債務整理

任意整理や個人再生、自己破産などの手続きがありますが、普段からパソコンを愛用している人は「パソコンは処分されてしまうの?」と、不安を感じる人も少なくないようです。

プライベートで様々な用途で活用することはもちろん、ビジネス用途でパソコンを使っている人もいるので、無くなってしまったら困るという人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は債務整理をするとパソコンはどうなるのという点について、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

債務整理をしてもパソコンは処分されない

まず様々なケースを見ても、債務整理をしてもパソコンを処分(引き上げ)されることはそこまで多くありません。

任意整理、個人再生、自己破産のいずれの場合でも、パソコンは処分されずに手元に残しておくことができる資産の一つです。

とは言え、どんなときでも処分されず手元に残しておけるわけではありません。

場合によっては処分されてしまうパソコンもありますし、その人の債務状態によってどうなるかが変わってくるもの。

次の項目からは、そんな「処分されてしまうケース」について、より具体的に掘り下げて解説していきたいと思います。

 

債務整理でパソコンが処分(引き上げ)されるケース

ここからは債務整理でパソコンが処分(引き上げ)されてしまうケースについて解説していきます。

基本的にそのまま所持可能なケースが多いパソコンではありますが、どういった場合に処分されてしまうのでしょうか。

主に3つのケースがありますので、当てはまるものがあるかチェックしていきましょう。

 

処分3つのケース

  • 20万円以上の高額なパソコン
  • まだローン支払い中の場合
  • 債務整理直前に購入

 

20万円以上の高額なパソコン

まず20万円以上の高額なパソコンは処分対象になる場合があります。

生活に必要で高額でない財産は「自由財産」とされ、債務整理時にも処分されることなく持ち続けることが可能です。

その高額かどうかの基準の一つが、20万円を超えるかどうかなのです。

最近ではゲーミングPCやVRスペックのパソコンなどは、CPUやグラフィックボードなども含めるとかなり高額になりますので、そういった用途の高額PCは処分対象になることも。

ただし、購入時に20万円を超えていても現在の価値で20万円を下回る場合は、処分されずに持ち続けることができる場合もあります。

パソコンは半年も過ぎればスペック・環境が変わりグッと値下がりするケースも珍しくないので、購入時に20万円前後である程度の期間が過ぎていれば、そのまま所持し続けられる場合もあると覚えておきましょう。

 

まだローン支払い中の場合

次にパソコンが処分されてしまうケースとして、ローンが支払い中の場合です。

要は支払いが完了していない状態のパソコンを、債務整理手続きを進め「そのローン自体も債務整理対象にしてしまう」場合は、いわゆる「所有権保留」の状態ですので引き上げられてしまうこともあるのですね。

この場合もすべてのケースで処分されてしまうわけではなく、ローンがクレジットカードのリボ払いや分割払いか。

それともショッピングクレジットで支払い中なのか。

また残りの残額や回数によっても変わってくる部分です。

この辺りは様々な前例と照らし合わせて見る必要があるので、ローン支払い中のパソコンがある場合は、一度弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが最善と言えるでしょう。

 

債務整理直前に購入

最後に債務整理をする直前にパソコンを購入した場合は、処分対象になるケースがあります。

例えば債務整理をする一ヶ月前に、高額なパソコンをクレジットカードで購入した場合。

この場合は、債務整理をするほどの状態だったにもかかわらずパソコンを購入したということで、処分対象になることも珍しくありません。

また、それがリボ払いなどであれば、「債務整理する経済状態で購入したのは、計画的に踏み倒すつもりだったのでは…」と不信感を持たれてしまっても仕方ありません。

さらに(一括かリボかを問わず)て債務整理する状態でありながら散財をしたということで、最悪免責不許可事由に関わってくる部分です。

もしあなたが債務整理を考えていて、「まだ枠があるからパソコンを買ってしまおう!」と考えているなら、それは債務整理の可否自体に関わってくる部分ですので、絶対にそういった購入は控えてください。

数ヶ月前に高額なパソコンを購入したという場合は、処分されてしまうことも考えつつ、できれば手元に残したい旨を伝え専門家に相談をするのが良いでしょう。

 

要チェック
債務整理の依頼ができる司法書士と弁護士ではどう違うのか

Contents1 債務整理の依頼ができる専門家1.1 専門家に依頼した方が安心1.2 司法書士と弁 ...

続きを見る

 

債務整理後もパソコンを処分されないようにするために

今回は債務整理とパソコンの関係について解説してきました。

よっぽどのことでない限り、債務整理をしてもパソコンを処分されることはありません。

ただし、場合によっては処分されてしまうこともあると覚えておきましょう。

 

注意

  • 20万以上の高額なパソコン
  • まだローンが残っているパソコン
  • 債務整理直前に購入したパソコン

 

これらは処分されてしまうケースもあるため注意が必要です。

ですが、自由財産として認められれば債務整理後も所持することが可能。

身もふたもない話をすれば、裁判所から認められれば問題なく所持可能ということです。

そして裁判所とのやり取りをするのは、弁護士や司法書士などの専門家になります。

だからこそパソコンを手放したくない、所持し続けたいと強く思っている人こそ、事前に専門家に相談をすることをおすすめしますよ。

パソコンの他にも高額なスマートフォンやタブレットなどを処分されることなく、債務整理後も持ち続けたい人は、債務整理に強い専門家が多く在籍している法律事務所などに無料相談をして見るところからスタートしていきましょう。

 

要チェック
債務整理の種類と特徴について!弁護士に依頼するメリットとは?

Contents1 債務整理は法的に借金の整理をすること1.0.0.1 債務整理のさまざまな種類と特 ...

続きを見る

 

25年以上の実績で借金問題解決!ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

名村法律事務所

名村法律事務所では相談料無料で債務整理の手続きを進めていけます。

25年以上の実績があり、地方案件でも柔軟に対応して借金を完済するまで親身になってサポートをする事務所です。

それぞれ個人の金銭状況に合わせて柔軟に対応をしているため、不安がある方でもまずは無料相談に気軽に申し込めます。

不安から安心・解決へ!シン・イストワール法律事務所

【債務整理】シン・イストワール法律事務所

イストワール法律事務所は、多重債務でお困りの方、借金を整理してやり直すお手伝いをします。
『失敗』しない債務整理しませんか?
借金問題は誰に相談しても、どこに依頼しても、同じ結果とは限りません。
経験豊富な私たちにご相談下さい。

債務整理をメインに行っている東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、自己破産個人再生任意整理を得意としていて専門の腕利き弁護士に依頼ができ、土日祝日相談可能、全国無料出張相談可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

元リーマンおじさん

転職を21回も繰り返した元サラリーマンブロガー。 勢いで起業するも資金繰りに失敗し数千万円の借金を抱え倒産撤退…。 自己破産・離婚・うつ病・自殺未遂のどん底人生から、わずか3年で大逆転した方法をお伝えします。 借金で人生諦めなくても大丈夫です! 【ブログ2サイト運営/ブログのみの月収は82万円】 【株式会社2社経営】

-債務整理
-, , ,

© 2021 借金で人生諦める前に|日本で一番分かりやすい債務整理情報サイト