債務整理 自己破産

個人再生で自宅を手放さずに済む方法【住宅ローン特例の利用】

自己破産すると自宅は差し押さえされる

大きな借金を抱えてしまっても、自己破産すれば全てゼロになります。

しかし自己破産すると自宅は差し押さえされ、同居している家族も一緒に自宅から出ないといけません。

そして、処分された自宅は債権者への返済に回されます。

そのため、自宅を所有している場合はなるべく自己破産以外の債務整理を考えたいものです。

 

自宅を手放さずに済む個人再生

自宅を手放さずに済む個人再生という債務整理の方法があります。

なぜ個人再生で自宅を手放さずに済むのか、それは住宅ローン特例があるからです。

 

個人再生の住宅ローン特例

個人再生では再生計画案を作成する事が必要です。

この再生計画案の中に住宅ローン特例を定める事ができます。

住宅ローン特例を定めると住宅ローン返済中でも自宅は差し押さえされませんが、住宅ローンの残高は減額もされません。

その他のクレジットカードやカードローンなどの借金は大幅に減額されます。

 

利用条件が付いている

住宅ローン特例には利用条件が付いており、住宅を手放したくない場合は条件を満たす必要があります。

注意したいのが住宅に設定されている抵当権です。

住宅ローンから融資を受けていても、抵当権の設定がない場合は利用できず、カードローンなど他の抵当権が設定されている時も利用する事ができません。

そのため抵当権がどうなっているのか、事前に調べておく事が大切です。

住宅に第2抵当権の設定がある場合は個人再生開始決定までに第2抵当権の抹消を行って下さい。

その他にも注意したいのが本人所有の住宅である事という条件です。

居住用の住宅である事という条件もあるため、別荘などでは住宅ローン特例の利用ができません。

ただし、将来居住予定であれば現在居住していなくても利用する事は可能です。

住宅ローンを滞納している方は代位弁済に注意が必要です。

代位弁済から6か月以上経過すると住宅ローン特例の利用ができなくなります。

大きな借金を抱えてしまうと住宅ローンの返済がきつくなる事が多く、滞納期間が長くなると住宅を残すのが難しくなるため、早めに行動して下さい。

個人再生後は3年から5年の分割払いと住宅ローンの返済を続ける事が必要です。

両方加わると返済を続けるのが無理という場合は住宅ローン特例の利用が難しくなります。

 

個人再生後の分割払いが困難になった時は

個人再生後の分割払いが困難になった時は再生計画の変更が行え、最大2年返済期間を延長する事が可能です。

5年の分割払いの場合は7年に延長されます。

延長されるだけであり、減額された借金も住宅ローンの返済も行わないといけません。

ボーナスカットやリストラなどやむを得ない事情がある場合は再生計画の変更が認められやすくなっていますが、ギャンブルや浪費といった場合は認められません。

また、再生計画の変更が認められるまで3か月ほど掛かるため分割払いが困難になったら早めに手続きする事が必要です。

分割払いが4分の3以上進んでいる場合はハードシップ免責を利用する事が可能です。

このハードシップ免責により、分割払いの残高は全て免除されます。

しかし住宅ローンの残高も免除して貰うと住宅は差し押さえとなってしまい、せっかく住宅を手放さずに済んだのが無駄になるために注意して下さい。

 

弁護士事務所で相談

住宅ローン特例にはこの他にも様々な利用条件があり、一般の方では分かりにくいため、弁護士事務所で相談してみて下さい。

任意整理個人再生自己破産など債務整理を扱っている事務所なら個人再生について詳しいです。

個人再生は分かりにくい債務整理のため、1時間は相談したいところです。

弁護士に相談すると相談料が発生するため、事前に調べておきましょう。

中には借金相談なら初回無料という事務所や、何度でも無料という事務所あります。

25年以上の実績で借金問題解決!ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

名村法律事務所

名村法律事務所では相談料無料で債務整理の手続きを進めていけます。

25年以上の実績があり、地方案件でも柔軟に対応して借金を完済するまで親身になってサポートをする事務所です。

それぞれ個人の金銭状況に合わせて柔軟に対応をしているため、不安がある方でもまずは無料相談に気軽に申し込めます。

不安から安心・解決へ!シン・イストワール法律事務所

【債務整理】シン・イストワール法律事務所

イストワール法律事務所は、多重債務でお困りの方、借金を整理してやり直すお手伝いをします。
『失敗』しない債務整理しませんか?
借金問題は誰に相談しても、どこに依頼しても、同じ結果とは限りません。
経験豊富な私たちにご相談下さい。

債務整理をメインに行っている東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、自己破産個人再生任意整理を得意としていて専門の腕利き弁護士に依頼ができ、土日祝日相談可能、全国無料出張相談可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

元リーマンおじさん

転職を21回も繰り返した元サラリーマンブロガー。 勢いで起業するも資金繰りに失敗し数千万円の借金を抱え倒産撤退…。 自己破産・離婚・うつ病・自殺未遂のどん底人生から、わずか3年で大逆転した方法をお伝えします。 借金で人生諦めなくても大丈夫です! 【ブログ2サイト運営/ブログのみの月収は82万円】 【株式会社2社経営】

-債務整理, 自己破産
-

© 2021 借金で人生諦める前に|日本で一番分かりやすい債務整理情報サイト