任意整理 債務整理

【必見】任意整理するべきか迷った時に要確認の3項目!

【必見】任意整理するべきか迷った時に要確認の3項目!

 

もう借金がどうにもならないので任意整理を考えている
自分の場合は任意整理をするべきなのか不安でわからない
任意整理をするかどうかってどのタイミングで判断すれば良いの?

 

借金に悩まされて続けると、こういった判断もあやふやになってしまうケースは少なくありません。

そもそもとして任意整理をするべきかどうかは、自分では中々判断がしにくいものです。

そこで今回は任意整理するべきか迷ったら、確認するべきことについて分かりやすく解説していきたいと思います。

借金に悩んでいる人、任意整理に踏み切ろうか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください!

 

任意整理するべきか迷ったらこの3つを確認しよう

任意整理するべきか迷ったら、まずはこの3つを確認すればOKです。

次に挙げる項目を一つ一つチェックしていき、あなたが任意整理するべきかどうなのかを確認していきましょう!

 

3つの確認事項

  1. 1ヶ月の収支を確認
  2. 1ヶ月の元金返済額を確認
  3. 1年で必ず支払う臨時の出費を確認

 

1ヶ月の収支を確認

真っ先に確認するべきなのは、1ヶ月の収支です。

これは借金の返済も含めた収支で、毎月黒字で生活できる状態か。
それとも毎月追加で借り入れをしなければ、生活自体が難しい状態なのかを確認する意味があります。

・収入…給料やその他の収入。
・支出…生活費や税金、借金返済額。

これらをはじめ毎月の収支をある程度明確にすることで、あなたが任意整理をするべきかの一つの基準がわかることでしょう。

 

1ヶ月の元金返済額を確認

次に1ヶ月の元本返済額を確認しましょう。

毎月借金の返済をして生活できる状態だとしても、元本の返済額があまりに少ないようなら任意整理を考えるべきかもしれません。

毎月の収支がプラスマイナス0ぐらいだとして、(極端なケースとして仮に)元本の返済額がほぼなければ、一生かかっても借金の返済は完了しません。

元本の返済額がいくらかを確認することで、その借金に対して「あと○年で完済」という予定が見えてきます。

借金100万円に対して、毎月の元本が5,000円程度の場合は完済まで約17年かかる計算です。

ここまで明確にすることで、あまりにも辛いので任意整理について専門家に相談することを決心する人もいます。

元本返済額を明確にしなければ、自分がここまでひどい状態だとは気が付かなかったなんて声はかなり多いので、数字を出すことを面倒臭がらず怖がらず、ある程度でも良いので計算してみることが必要なのです。

 

1年で必ず支払う臨時の出費を確認

最後に忘れがちな部分として、1年で必ず支払う臨時の出費の確認をしましょう。

この部分は、お勤めか自営業かによって若干変わってきます。

税金等であれば、所得税や住民税、健康保険などが該当しますね。

また車を持っていれば車検は2年に一度支払うので、24で割り一ヶ月辺りの金額を出すと良いでしょう。

その他にも子供に必要なお金や、ボーナス月の返済増額など1ヶ月の収支計算では省いていた出費があれば、改めて明確にします。

1ヶ月の収支ではトントンに見えても、臨時の出費を含めて計算すると、年間でかなりの赤字になってしまう人は少なくありません。

臨時の出費を含めて赤字にならなくとも、プラスマイナスゼロぐらいであれば、何か急な出費(病気や減給、リストラなど)があった際に生活できなくなってしまいます。

そのため1ヶ月の収支だけではなく、1年の中で支払う臨時の出費があれば、それらも含めて問題なく支払うことが可能なのか。

その辺りも把握することで、あなたが任意整理をするべきかどうかが見えてくるでしょう。

 

それでも任意整理するべきか迷ったら専門家へ即相談

今回は「任意整理をするべきか迷ったら確認するべき3つの項目」について、一つずつ掘り下げて解説してきました。

もしこの項目を読み終えたあなたが、今も任意整理をするべきか迷っているならば、できることなら早めに法律事務所などへ相談することを強くオススメします。

なぜなら、今も迷っているということは、頭のどこかで自分は任意整理をしたほうが良いと感じているから。

もちろん「このまま頑張れば借金も全額完済できそう」と思っているからこそ、今も迷っている人もいることでしょう。

ですが、その場合も生活をギリギリまで切り詰め、最低限の人間らしい生活さえも送ることが危ういようであれば、心と体に本当に限界が来る前に任意整理に踏み切るべきだと感じます。

 

相談=任意整理申込みではない

任意整理するべきかを悩んでいる場合は、申し込みするかどうかは考えず、まずは「相談」だけすることを考えましょう。

法律事務所などで専門家に相談したら、絶対に債務整理(任意整理)をしなければなんてイメージを持っている人も少なくありません。

ですが、自身の経済状況を客観的かつ専門家の視点から見てもらいアドバイスを貰うことはとても大切。

向こうも相談に慣れていますので、相談だけする人なんてそれこそ山のように対応しています。

そして借金に苦しんでいるときは、まだ返済できているから大丈夫と自分では感じていても、専門家から見るといずれかの債務整理をしなければならない状態を「既に通り過ぎている」人も少なくないのです。

もちろん今回の任意整理をするべきか迷ったときに確認する方法で、あなたが任意整理をするべきだと感じた場合も、早めに専門家へ相談することを強くオススメします。

今では無料でメール相談や詳しい電話相談をできるサイトも増えてきています。

当サイトでも紹介している「本当に安心して相談できる法律事務所」などを活用し、あなたが任意整理をするべきかどうか。

そして任意整理をする場合は、「どのぐらい減額できそうか」や「自分の場合は家族や周りにバレずに任意整理ができるか」なども含めて確認すると良いでしょう。

一度専門家に相談した人は口を揃えて「もっと早めに相談だけでもしておくんだった…」と言います。

あなたの現状を専門家目線で確認する意味でも、ぜひ弁護士や法律相談事務所を活用してみることをオススメしますよ。

そして苦しい借金を少しでも楽にするための第一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

25年以上の実績で借金問題解決!ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)

名村法律事務所

名村法律事務所では相談料無料で債務整理の手続きを進めていけます。

25年以上の実績があり、地方案件でも柔軟に対応して借金を完済するまで親身になってサポートをする事務所です。

それぞれ個人の金銭状況に合わせて柔軟に対応をしているため、不安がある方でもまずは無料相談に気軽に申し込めます。

不安から安心・解決へ!シン・イストワール法律事務所

【債務整理】シン・イストワール法律事務所

イストワール法律事務所は、多重債務でお困りの方、借金を整理してやり直すお手伝いをします。
『失敗』しない債務整理しませんか?
借金問題は誰に相談しても、どこに依頼しても、同じ結果とは限りません。
経験豊富な私たちにご相談下さい。

債務整理をメインに行っている東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、自己破産個人再生任意整理を得意としていて専門の腕利き弁護士に依頼ができ、土日祝日相談可能、全国無料出張相談可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

元リーマンおじさん

転職を21回も繰り返した元サラリーマンブロガー。 勢いで起業するも資金繰りに失敗し数千万円の借金を抱え倒産撤退…。 自己破産・離婚・うつ病・自殺未遂のどん底人生から、わずか3年で大逆転した方法をお伝えします。 借金で人生諦めなくても大丈夫です! 【ブログ2サイト運営/ブログのみの月収は82万円】 【株式会社2社経営】

-任意整理, 債務整理
-,

© 2021 借金で人生諦める前に|日本で一番分かりやすい債務整理情報サイト